アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「詩歌」のブログ記事

みんなの「詩歌」ブログ

タイトル 日 時
白い航跡を残して
かつては ブルーリボン賞に輝いたこともあった その名残を曳きづっている 白い航跡―― ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/02 16:53
新進とレトロと『ホイッスラー展』
八王子駅から横浜線に乗って1時間弱。港町横浜の桜木町駅に降り立った。冬の海風は冷たいけれど街ゆく人は颯爽としてランドマークタワーの『動く歩道』に吸い込まれていくお目当ては横浜美術館「ホイッスラー展」です。NHK特別観賞会の抽選に当たったのです潮の香りをほのかに感じながら屹立するビルの谷間にレトロな港町の面影を曳航してみる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/29 22:20
♪九月の雨は冷たくて♪
土砂降りの雨の中を 駅頭に送る ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/01 22:55
白い航跡
藍色の海は穏やかだった白い航跡がまたたくまに後方へと尾を引いて水平の彼方に消えていく一つ一つの砕けた波がランナーの呼吸のように波に残る巨体を前に進めて日ごと故国は遠ざかるえんえんと南国の陽を浴びて黒く焼けた腕(かいな)にエンジンの響きが震える灼熱の港に錨を降ろしアラビア原油を満タンに帰路に就けば日一日と心は軽く懐かしい故国の匂い故国は近づき異国は遠ざかる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/26 16:01
回想
私が子供のころ世界は広く 夢があった太平洋の彼方水平線の向こうにはきらびやかな文化の香りがした海を見つめていると波の一つ一つが回想の記憶をひきだして千丈の深みへ入っていく 何処までも広がる群青の海、海、海、波間に隠れた世界が深く底に沈む時代は変わる過去は幻のモノトーン喜望峰を遥かに望んでもマンデラのアフリカは帰らない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/02 15:55
  運河
扉の向こう扉の向こうに何がある?見えない世界の内と外見えない花も見えるでしょう扉の向こうに何がある?東と西のかけ橋で月と太陽が昇るでしょう扉の向こうに何がある?言葉の壁を乗り越えてあなたと私が出会うでしょう扉の向こうに何がある?七つの海の交差路で世界が一つになるでしょう ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/13 20:03
船渠
水面下の見えないところに大切なものがある 生まれた時から大きな体を動かし進路を操ってきた 航海を終えて眠るとき全貌が現れる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/23 17:33
針路S
果てしない海原を針路Sに向かって進むフォックスルが天に登ると次の瞬間にうねりの谷間の中へ叩き込まれた白い波濤が砕けて少年は覚醒する水平線の彼方こそ臨むべき針路なのだと ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/07 22:32

トップへ | みんなの「詩歌」ブログ

潮騒の子守り歌-[conparuの白い航跡] 詩歌のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる