潮騒の子守り歌-[conparuの白い航跡]

アクセスカウンタ

zoom RSS 年頭短観

<<   作成日時 : 2010/01/06 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鳩山総理の年頭の所信表明があった。
『昨年は政権交代を成し遂げ、政治を官僚の手から国民の側に取り戻した一年であった・・・』
『長年の自民党政権及び自公前政権では成し得なかった、天下り法人の事業予算見直しと、予算編成の組み直し云々』
『今年は絶壁に立つ想いで、国民とともに政治の方向性を確かなものにして行きたい』とも。

『政策を断行する力が弱い、、、決断力に欠ける』と評されて、人気下降気味の鳩山政権だけれど、確かに力量に(?)が付くのは否めない。
そもそも三党連立を組んだ時点で、足の引っ張り合いがあることくらいは予測できたのだから、ある程度の強引さを持ってよかった。

『沖縄の米軍普天間基地は最低限本土移設』と大上段の構えで見栄を切ったまでは良かった。けど、その後がよくない。――米国との信頼関係が傷ついたと、マスコミと野党からブーイングを喰らっている政情は感心しない。

代替地を模索していると言っても簡単にいかないからこそ、歴代の総理が固定化してきたんだろう。沖縄にとって基地は、まさに目の上のたんこぶ。目障りな存在だとしても自公前政権が約束したキャンプ・シュワブの隣接地に落ち着くんじゃないか。

米軍基地の70%が沖縄に集中している。。。いかにも軍機能優先の状況下にあるくらいは、想像できる。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
年頭短観 潮騒の子守り歌-[conparuの白い航跡]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる