潮騒の子守り歌-[conparuの白い航跡]

アクセスカウンタ

zoom RSS 暑い夏到来

<<   作成日時 : 2008/07/12 18:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

本格的な夏がやってきました。
強い日差しに曝されて、汗がどっと噴き出してきます。湿度も高い。
毎年のことですが、ベランダのハイビスカスが花を咲かせています。
赤い花色が夏をいっそう際立たせて、ベランダの周りはムンムンしています。

ブログも久し振りの書き込みとなりました。
ここ1、2年の間に世の中の様相もだいぶ変わった。
目を覆う凄惨な事件や天変地異による災害があとを絶ちません。

気象の変動も大きく影響しているのでしょう。二酸化炭素排出による温暖化は地球規模のテーマです。
宇宙空間のブラックホールなんかも何らかの作用をもたらしているかも知れない。

ペルー沖のエルニーニョやラニーニャ現象は東風の強弱によって引き起こされるらしい。赤道直下の海流が、マグマによって水温を上昇させていることだってあり得る。

太陽系惑星間の磁力作用も気象に係わっているだろうから、この世にある全ての作用は、とてつもなく大きな仕掛けの中にあると見ています。
地球規模の変動は当然、人間界にも押し寄せてこないわけがありません。

『加藤智弘』や『宮崎勉』の事件は、人間の業なんてものじゃない、完全に超えています。
個々の事件は大きな衝撃でした。人間として許せない理性の欠落です。

大企業の不祥事も後を絶ちません。商品内容の『偽装』が明らかになりました。
保険会社は『保険金不払い』で監督官庁から指摘されて大慌てです。派遣事業のグッドウィルに至っては奴隷のように派遣労働者から搾取していました。

波状的に押し寄せる諸々の事件事象は、考えるだけで嘔吐がしてきます。
積悪の限りを尽くし、体中の膿となって醜い身を曝している現状が、いつまでも続くわけがない。膿を出し切るまでは病弊は治らない。

先日の洞爺湖サミットでは「エネルギーと食糧問題」、「温暖化防止」、について協議しました。
各国の利害も絡むので、安産とまでは行きませんでしたが、共通の認識は得たようです。地球単位で解決していくスタートラインに立ったといえるでしょう。

地球は今、氷河期と氷河期の間にある、間氷期にあるそうです。気温が一番緩んでいる時期だからこそ、二酸化炭素の排出を減らして温暖化の進行を止め、気候変動による食糧作物の不足を食い止めなければならない。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
暑い夏到来 潮騒の子守り歌-[conparuの白い航跡]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる